WiMAXやWiMAX2+の速度が遅くなった原因は!?対処法はあるの?

モバイル型通信でも高速でサクサクといった感じが売りのWiMAXやWiMAX2+ですが、状況によっては速度が遅い場合もあるようです。せっかく高速通信でストレスなしでできると期待している分遅くなったりするときは余計にイライラすることがあるでしょう。

速度が遅くなった時できればすぐに改善してストレスなく利用できるにはどうすればいいでしょうか。それでは、速度が遅い時の対処法についてまとめてみました。

WIMAXやWIMAX2+速度が遅くなる原因別の対応方法に3のポイントついて

1.WIMAX、WIMAX2+のルーターのモード設定によるもの

ルーターの省電力モード設定にすると、速度が落ち、停止する場合があります。この場合は設定変更によってスピードがアップします。「ハイパフォーマンス」で設定すると良いようです。

2.電波干渉によるもの

近くに、電子レンジや他のWi-FIやbluetoothを利用して音楽を聞いているなどされている場合は、各電磁波が影響されて速度が低下する可能性があります。この場合は、近くに電気器具を使用しない。または、電源をoffにすることで影響が受けなくなります。

または、使用していない無線LANの電源をOFFにする事も忘れずに。(無線LANのアクセツポイントが近くにあると、影響を受け易くなります)

3.PC、タブレット、スマートフォンなどの利用機械によるもの

利用機械(PC)の省エネモード設定になっている場合速度が遅くなる場合があります。PCを電源をコンセントにつながず、そのまま、PCだけで使用しているとバッテリーが消費するのを防ぐ為に速度が遅くなるのです。

この場合は、電源をACアダプターで直接つなげて使用するか、ワイアレスアダプターの設定モードを変更することで速度が回復されます。

よく聞く「速度制限」の対応については

そして最後によくある速度制限の対象になっている場合、ひと月内に使用料量が7GB以上使用している時があります。この場合はLETオプションや、UQ Flat AUスマホ割りの契約の時の速度制限ですが、WiMAX2+のルーターに使用の容量の目安が表示されるのでそれを目安に動画など見る頻度を少なくするなどを調節することで使用量を7GB以内に抑えて、億度制限をかからないようにするのが良いと思います。

※ちなみに7GBで動画が見ることが出来る時間数はYouTubeなどで33時間が目得安だそうです。
動画を良く見る方にとってはかなり難しいかもしれませんね。

おわりに

速度が出ない場合の対処法ですが、簡単なものについてはすぐに試すことが出来ると思います。自宅でPCを使用する時は電源をコンセントにつないでずっと充電している状態で使用するとバッテリーの減りがなくて安定して使用できるかもしれません。

まずは設定なども必要がなく簡単にできる事から始めることがポイントですね。改善されない場合に設定を変えてみるといったようにすると手間がかからないと思います。

今月のおすすめ記事


WiMAXに関する話題のニュースや特集が満載 WiMAXを実際に使用した方の体験談が満載! WiMAXでよくある質問
サブコンテンツ

このページの先頭へ