ADSLや光回線よりWiMAX2+の方がいいの?違いは何?

WiMAX2+は無線のモバイル型の高速通信の代表ですが、ADSLや光回線などの有線の通信、特に光回線とよく比較されますが、違いはどういったものでしょうか。それではADSL、光回線について簡単に説明し、WiMAX2+との違いいついてまとめてみました。

1、ADSLについて

通常の(メタル回線)電話回線を使用した高速データ通信です。電話回線を利用していますが、音声とは別の周波帯を使用しています。

2、光回線について

光ファイバーケーブルを使用した高速データ通信です。ADLSのように電気を使ってデータを伝達するのではなく、光を使ってデータを伝達するため、従来のADSLと比べてノイズが少なく安定しています。

3、ADSL及び光回線とWIMAX2+などの違いとは

まず、大きな違いについてはADSLと光回線は有線通信、WiMAX2+は無線通信ということです。それでは、一般的に有線の代表の光通信とWiMAX2+のメリット・デメリットは何でしょうか。

光回線のメリット

  • 通信の安定性
  • 通信においてのセキュリティ管理しやすさ

光回線のデメリット

  • 家以外での利用ができない

光回線のメリットは通信の安定性が言えます。無線通信と比較して特にWiMAX2+と比較しても無線回線ですので建物などの状況を受ける場合がありますが、有線の光回線ですとそういった事も少なくデータ伝達が安定している所は最大のメリットと言えます。

次にセキュリティ面についてもWiMAX2である無線通信と比較すると固定された配線内でのデータ通信の為セキュリティ管理がしやすく、防止策も取り易い面です。

デメリットとしては、光回線は有線のデータ通信ですので、契約している建物内であれば、敷地内では無線ルーターなど使用して無線通信は可能ですが、野外に持ち運ぶといったことができません。

WiMAX2+のメリット

  • 家庭でも野外でもどこでも使用可能
  • すぐに使える
  • 契約によっては携帯代が節約できる

WiMax2+のデメリット

  • 通信の不安定さ(利用地域によって差がある)
  • セキュリティ管理の難しさ

WiMAX2+のメリットとしては、無線通信の最大のメリットである。「どこでも」使えるといった事です。WiMAX2+対応のモバイル型ルーターを利用することで家庭以外に、外出先でも家庭と尾内環境で利用できるということです。

また、スマートフォンなどを利用したデザリング(スマートフォンなどをルーターとして他のタブレット型の端末を使用すること)よりもWiMAX2+のモバイル型ルーターの方がバッテリー(電池)の容量が大きく利用時間が長いので利用しやすいといった点もあります。

次に、WiMAX2+は契約最初の初期工事などが不要なため、すぐに使えるといった手軽さがあります。そして最後に、契約内容によりますが、スマートフォの基本料金に割り引きがあり、外出先WiMAX2+のモバイル型ルーターを使用して、WiMAX2+の回線を使用することで通信費が節約できます。
※UQフラットツープラスAUスマホ割り(2年)

WiMAX2のデメリットとしては、有線である光回線と比較すると建物などや環境によっては通信が不安定になり易いことがあります。また、セキュリティ問題ですが、無線に飛ぶデータの管理ですので、一定のセキュリティについて対策はありますが、やはり有線である光回線と比較すると難しい点は多いと言えます。

以上についてが、光回線とWiMAX2の違いと言えると思います。

おわりに

光回線とWiMax2+と比較してどちらが良いと言うことについは利用する方の選択次第といったことになるかと思います。お互いのメリットとデメリットとを比較した上で自分にとって、どれが良いかをしっかりと検討して利用したいものですね。

今月のおすすめ記事


WiMAXに関する話題のニュースや特集が満載 WiMAXを実際に使用した方の体験談が満載! WiMAXでよくある質問
サブコンテンツ

このページの先頭へ