最近イーモバイルってよく聞くけど、WiMAX2+とどう違うの?

最近格安のスマートフォンなどの宣伝で良く見ることがあるワイモバイルですが、(旧イーモバイル社)ですが、モバイル型の通信に対応した「ポケットWi-Fi」といったものがあります。ポケットWi-FiもWiMAX2+と同様にモバイル型の高速通信ですが、どういった違いがあるのでしょうか。

(旧イーモバイル)ワイモバイル社とは

簡単ですが、現在のワイバイル社についてご説明します。イーアクセス社として設立して発足当初、プロバイダーから移動通信サービスーへと展開して展開かされました、会社は、楽天やソフトバンクなど吸収合併などされながら、最終的にヤフーがソフトバンクから買収して現在の「ワイモバイル社」となりました。

ポケットWi-Fiとは?

「ポケットWi-Fi」とはワイモバイル社のモバイルWI-Fiの登録商法(商品名)です。

現在ワイモバイル社が販売しているものとプランは、

  • pocket Wifiプラン+
  • pocket WiFiプラン

があります。

どちらも基本利用料は7,500円ですが、2年割を適用して3,696円となります。

  • pocket WiFiプラス+では、pocket WiFi305ZTの最新機種の対応プランです。

ポイントとしては

1、自宅でWi-FI利用の時他の家電の影響を受けず安定している。

→一般的な家電は2.5GHZですが、pocetWifi305ZTは5GHZを採用

2、屋外での電波の選択がさらにひとつ増えて、より安定した高速通信が可能

→ソフトバンクの4G LTEがさらに加わりました。
※通信の速度は下り最大165mbpsです。

  • pocket WiFiプラスでは、pocket WiFi303HWが対応機種のプランです。

※通信の速度は下り最大110mbpsです。

WiMAX2とワイモバイル(ポケットWiFi)の違いとは

WiMAX2+とワイモバイル(ポケットWiFi)の違いは下記の通りです。

  • 1、通信網が違う
  • 2、ルーターの違い
  • 3、速度制限について

1、通信網が違う

使用している通信方式が違います.WiMAX2+についてはUQ WiMAX社が提供しているWIMAX2+という高速通信を主に使用しオプションでLTE、を使用することになります。

一方ワイモバイルについては、LTE、XGP(旧ウィルコム社が使用されたもの)そして最新の機種ではXGPを改良したソフトバンク4G LTEという高速通信を使用しています。

2、ルーターの違い

ルーターの違いですが、WiMAX2+のルーターで機種によっては自分で通信種類(通信モード)が選ぶことができます。(※HWD15という機種のみです。)
※通信モードについて

一方ワイモバイルについては、自分で通信の種類(モード)を選択することはできません。

3、速度制限について

通信速度規制についてですが、基本的にWIMAX2+は通信速度の規制がないことになっています。※ただし、LTEオプションされている方は1カ月内で7G以上使用すると速度規制があります。

一方ワイモバイルについは、1カ月内で7G以上使用すると速度制限があります。速度制限の解消もありますが、有料となります。

結論としては、速度的にはWiMAX2+が早いようで、速度制限が比較的影響が少ない点でもWiMAX2+となります。通信網的なことについては、WiMAX2+の使用できる地域についてですが、電波が届きにくいエリアなどもありますので事前の確認が必要となると考えられます。

おわりに

WiMAX2+とワイモバイル(ポケットWiFi)についてですが、どちらが良いかについては、お住まいの環境も大きく影響されることが多いと考えられますので、事前にご自分のお住まいが利用できるエリアなのか、または、WiMAX2+についてはお試し期間があるのでそれを一度利用して本利用を検討するのが良いと思われます。

今月のおすすめ記事


WiMAXに関する話題のニュースや特集が満載 WiMAXを実際に使用した方の体験談が満載! WiMAXでよくある質問
サブコンテンツ

このページの先頭へ