WiMAX2+、Wi-Fi、LTE、色々聞くけどいったい何が違うの?

最近、モバイル通信という言葉を良く聞く事が多くなりましたね。ところで、今良く宣伝されているWiMAX2+やWI-FIやLTEという事もスマートフォンやインターネットの時に良く聞きますが、正直なところ違いなどあまり意識したことがないと思います。

違いは何かと言われたら「WiMAX2+は家、Wi-Fiはお店、LTEはスマートフォン」といった感じで認識されている方が以外と多いのではありませんか。また、そもそも無線のモバイル通信とは何かといった事もイマイチ良くわからないと思います。

それでは無線通信についてとWIMAX2+とWI-FiとLTEの違いについてまとめてみました。

無線通信って何?モバイル通信について

「無線」と文字の意味でとれば、線がない通信と言うことになります。そのままの意味通りなのですが、線の変わりに電波を使って情報を通信させます。

無線通信には古くから利用されている無線通信、WIMAX、WiMAX2+、LTE、また大きい意味ではWI-Fiや携帯同士のデータ通信の赤外線通信や、音楽を聞く時のスピーカーに利用されるBluetoothなども無線通信となります。

つまり、広い意味でWIMAX2+もWi-FiもLTEも全て無線通信となり、無線ということは無線通信の対応の機械を利用することで持ち運び可能なモバイル通信となります。
それでは違いはどんな所にあるのでしょうか。

WiMAX2+はUQ WIMAX社が開発した独自の無線通信

無線通信は、一定に通信の規則があって、WIMAX2+についてあり(WIMAXも同様で→IEEE802.16eという基準です)国際的な基準で、IEEE802.16mという無線の基準がWIMAX2+のことです。

UQ WIMAX社によって開発された高速通信です。また国から割り当てられた無線の周波数帯域も30kHZを使用していて、LTEや3Gといった携帯やスマートフォンンの通信で利用がない専用なものを利用されています。

LTEは特にスマートフォンの高速通信で利用が多い

次世代移動型高速通信の規格がLTEです。現代、一般的な携帯が使用している3Gをさらに高速化させ、次世代の4Gの橋渡しとしているものがLTEです。(3,9Gと呼ばれることもあります。)国際的基準の3GPPについて規格制定されました。

周波数帯域は従来の3Gである携帯電話と同様の周波数帯域(幅広い週は週帯域)を利用しています。

※スマートフォン以外のパットやパソコンの利用は可能です。
http://service.ocn.ne.jp/plan/special/mobile/ モバイル通信について(OCNより・※プロバイダーHP)

Wi-FIは建物内で使用している無線LAN!

無線LANとは無線通信を使用して、パソコンやタブレット、スマートフォンなどにデータを送受信されるものです。一度に複数の機械に対してテータ通信できるのが特長です。その無線LANのひとつがWi-Fiです。(※親機としてのアクセスポイントとルーター機能が含まれる事が多い)

WI-Fiは一定の基準があり(企業団体の規格)、正式にはIEEE802.11ですが、日本では使用される機械は必ずWI-FIと明記されたものがあります。それが無いとWi-FIと名乗ることができません。

※ルーターについて(細かい説明は省略します)

一般的にインターネット接続の場合Webサイト運営者から情報を送る場合は1家庭につき1つのIPアドレス(家の住所のようなもの)しかなく、それ以外には送ることができませんが、ルーターを使うことによって外からの情報を家使用出来る複数の機械に振り分けることができます。要するに、家でしか使用できないIPアドレスを振り分けて、使用する機械ごとに整理して情報を送ることができます。(家から他の所に情報を送信する場合逆も同様です)

WiMAX2+とLTEとWi-Fiの違いについて

各種類の特徴を説明しましたので、違いが分かりやすくなったと思います。まず、WiMAX2+とLTEの違いですが、移動型の高速通信と言う点では同じですが

相違点については、

  • 規格が違う
  • 利用している周波数帯域が違う

この2点が大きな違いといえそうです。その他については、速度については理論上と現状の違いなどもありますので、難しい点もありますが、個人的にはWIMAX2+の方が大容量の送受信の場合安定性と速度が早い様な感じを受けます。

次にWiMAX2+、LTEとWi-Fiの違いについてですが、相違点については、

  • 通信の媒体か、外からの情報を建物内で分配する無線RAN(ルーター)

といった違いです。

WiMAX2+やLTEを使用する時は専用のルーターやSIMによって送受信可能な機械を使用して、無線対応の機械(PC、やタブレット、スマートフォンなど)を使用します。

またWi-Fiについても同様に対応可能な機種の機械で利用され、ます。(大抵のPC、タブレット、スマートフォンが対応可能です)

おわりに

少し長くなりましたが違いについて分かりましたでしょうか。詳細については多少色々と個人間の意見はあると思いますが、大きな違いが分かることで、使用する目的に合わせて選ぶ事によって安定した送受信が可能となりますね。

今月のおすすめ記事


WiMAXに関する話題のニュースや特集が満載 WiMAXを実際に使用した方の体験談が満載! WiMAXでよくある質問
サブコンテンツ

このページの先頭へ