WiMAXを契約する前に解約金(違約金)についてしっかりと把握しておきましょう

現在はWiMAX以外の通信関連(ネット回線)のあらゆる契約形態で、長期契約が結ばれます。そしてほとんどの場合、契約を解消する場合の解約金制度(違約金)が導入されています。一定期間経過すれば請求されないもの、一定期間ごとの自動更新となるもの、また、使用期間により金額が変動するものなど様々です。

この解約金に関しては、トラブルとなることが多いようです。販売業者側もこのトラブル発生を防ぐため、契約期間や違約金についてはしっかり説明しています。しかし、いざ解約する時になって、言った言わないの話になることや、聞いていたとしても納得できないといったケースが見受けられます。

ここでWiMAXの解約について取り上げます。まず契約段階で解約時を想定しておいたほうがいいでしょう。これは固定回線との比較になります。今の固定回線であれば開通後は基本的に安定した接続が可能です。しかし、モバイル通信の場合、どうしても環境に左右されます。WiMAXも住んでいる環境によってはネットに繋がりにくいこともあるようです。

そのため、申込み後に契約開始となっているにも関わらず、繋がらないといったこともあるのです。そして多くの場合、電波起因で接続できなかったとしても、解約金が免除されません。もちろん契約前にエリア判定を行っていれば、このような事態を避けることはできるのですが、エリア判定を行わずに契約をする人も多いようですね。

全く使えていないのに、解約金(違約金)が満額請求され、月額料金まで支払わされるという点、納得できない気持ちは分かります。しかし契約上仕方ないともいえます。失敗しないためには、確実に現住所で接続できるか事前に確認を取っておくか、電波が入らなければ解約金が免除となるような契約を結ぶといった対策が必要です。

引越しを機に電波が入らなくなることもありますので、契約前に今後解約となる可能性まで想定して申し込むことをお勧めします。おすすめはやはり1年契約で申し込むことができるプランです。1年契約だと解約金も少ないし、解約金を払いたくないという場合でも1年後には解約をすることができます。

1年契約のプランはGMOとくとくBBがお勧めです
GMOとくとくBB WiMAX

 今回は、WiMAXについて取り上げましたが、WiMAXだけではなく、光回線などの固定回線も引っ越し先で使えないということもあります。引っ越し先でまた工事が必要になることもあるので、その場合はさらに費用がかさむでしょう。個人的には利便性のあるWiMAXが一番リスク等が低いのでお勧めですが、実際にはどの回線が一番いいというのは言えないかもしれません。

WiMAXの現金キャッシュバックキャンペーン

今月のおすすめ記事


WiMAXに関する話題のニュースや特集が満載 WiMAXを実際に使用した方の体験談が満載! WiMAXでよくある質問
サブコンテンツ

このページの先頭へ